クリームで予防

白いクリーム

これは事前に対策をしていれば、予防できるものです。
その対策としてよく知られているのが、妊娠線予防クリームを使ったマッサージです。
たくさんの妊婦さんが、クリームを使っています。
現在多くのメーカーからこのような商品が販売されています。
どのクリームが一番いい、というようなことは断言できません。
自分の肌質に合った、使い心地の良いものを選ぶのが良いです。
そして大切なのは、クリームをケチらず、たっぷり手に取り塗りこむことです。
そのため、出し惜しみせず、たっぷり使えるものを選ぶことも重要といえます。

なりやすい人は注意
妊娠線には、出やすい人の特徴があります。
それは、「皮下脂肪の厚い人」「肌が乾燥しやすい人」「小柄でお腹が出っ張りやすい人」です。
皮下脂肪は、普通の皮膚に比べて硬いです。
そのため、皮下脂肪のない人よりも線がでやすいのです。
肌が乾燥しやすいと、筋が出てきやすいので、保湿が重要になってきます。
そして、急激にお腹が大きくなると、それだけ皮膚も引っ張られるため、線ができやすくなります。
だから小柄でお腹が出っ張りやすい人がなりやすいといわれています。
このような人は特に、クリームなどで保湿して予防することが大切です。

効果的な予防法

妊娠と出産

妊娠線を予防するためには、クリームやオイルなどで皮膚を保湿することが大事です。
クリームやオイルなどを使って、出きやすい部分をマッサージすると血行も良くなります。
血行を良くするためには、シャワーよりもお風呂にゆっくりと浸かる方が効果的です。
出産するまでにお腹はどんどん大きくなっていくので、予防は出産するまで続けることが大事です。
また、腹帯や妊婦用ガードルを身に付けていると皮膚が伸びすぎず予防にもなると言われています。

妊娠線とは
妊娠すると、胎内で赤ちゃんがどんどん成長します。
そしてお母さんのお腹も出っ張ってきます。
その時、皮膚の表面に赤っぽい筋が出てくることがあります。
これが妊娠線です。
赤ちゃんの成長にともなって、皮膚は、ある程度までは伸びるのですが、所々伸びにくい箇所があります。
そのため、お腹の大きくなるスピードについていかず、皮膚に亀裂が走ってしまうのです。
そして、この筋は、一度できると消えることはないと言われています。

妊娠線とは

使いかけのクリーム

妊娠してお腹が大きくなると、皮膚が引っ張られることによって断裂することがあります。
この断裂した皮膚を妊娠線と言います。
妊娠線はお腹が大きくなり始める妊娠5~6か月頃から出来やすくなります。
主に腹部や胸、太ももなどの皮膚が柔らかいところが出来やすいと言われています。
なぜこのように皮膚が断裂してしまのかと言うと、体の表面の表皮は、皮が伸びやすいのですが、表皮の内側の真皮と皮下組織は皮が伸びづらい性質のためです。

出来やすい体質
妊娠線は、急激に体重が増加したりすることによっても出来やすくなります。
これは体重の増加に皮膚が追い付かないからです。
また、皮膚が乾燥してても出来やすいと言われています。
一度皮膚が断裂してしまうと、目立たなくなることはあっても完全に消えることはありません。
ですから、しっかりと予防をすることが大事です。
現在では予防のための専用クリームも販売されているので、クリームを使用しながらマッサージ等をすることで予防効果が期待できます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031